会  長  挨  拶

会長顔写真

富山昭和ライオンズクラブ会長 山本 和彦


本年度のクラブスローガンは、『新たな時代へ 感謝の気持ちでWe Serve』です。
ライオンズクラブ国際協会は、100周年記念事業『レガシープロジェクト』が終わり、今後は、次なる100年を見据えた5ヶ年の戦略計画『LCIフォワード』に基づいて進めていくと掲げています。
このように、国際協会としても新たな時代に進んでいく中、当クラブは、今年度認証35周年を迎えます。また年号も、昭和から平成、そして来年には新しい年号へと変わります。私たち富山昭和ライオンズクラブは、この新たな時代へ向け、本年度も感謝の気持ちを大切に、地域社会に溶け込んだ奉仕活動を行いたいと考え、このようなスローガンを掲げました。

また、会長方針といたしましては、『楽しい例会と奉仕活動』・『会員増強』・『35周年の記念事業』を3つの柱として進めていきたいと思います。
まず、会員お一人お一人が「出席して良かった」と笑顔になれる楽しい例会の運営、そして地域の方々に喜びを感じていただけるような奉仕活動をしたいと思います。
次に、会員増強。新入会員を増員することによって充実したクラブ運営を行い、より一層、地域に貢献して行きたいと思います。
そして35周年の記念事業といたしましては、ライオンズクエスト・ライフスキル教育事業を通してご縁が結ばれた『徳島県鳴門市鳴門ライオンズクラブ』様との姉妹提携調印を行い、更には、『富山赤十字病院』様及び『環水公園周辺』にて、モニュメントの寄贈をしたいと考えます。

以上、今期1年間、富山昭和ライオンズクラブの会長として、このようなスローガン、方針の基に、一生懸命クラブ活動に取り組んで行く所存です。何卒、皆様の温かいご指導ご鞭撻を賜りますようにお願い申し上げ、私のご挨拶とさせていただきます。